オペラ歌手『西田真以』のマネジメントを開始

オペラ歌手の西田 真以のマネジメントを開始致しました。
以下、西田真以のプロフィールです。

■西田 真以
東京都大田区生まれ。7歳からヴァイオリンを学び、13歳の時に声楽に転向。武蔵野音楽大学付属高校在学中、第三回高校生のための歌曲コンクール優秀賞受賞。その副賞としてイタリアに短期留学。武蔵野音楽大学声楽科在学中、第一回トスティ歌曲国際コンクールアジア予選にて、ソーニョ賞部門第一位受賞。イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院を満点で卒業。

「奥様女中」の主役でオペラデビューを飾り、その後イタリアの劇場にて"ラ・ボエーム"、"ドン・ジョヴァンニ"、"椿姫"などのオペラに主役で出演。また数多くのガラコンサート、野外コンサートにソリストとして出演。日本人離れした声色とテクニックを活かし、現在は日本を拠点に、オペラ歌手としてジャンルを超えて活躍中。